団体戦用追加ルール

第1条
:バトルは基本的に1vs1の勝ち抜き戦で行うものとする。

第1条補足
:対戦者の同意があれば、総当り戦、タッグ戦などへの変更も可能とする。

第2条
:バトルルールは通常のルールに則すものとする。

第3条
:戦闘順は先鋒の戦闘プランと同時に発表されるものとする。

第4条
:勝ち抜き戦の場合、勝利選手はENが30以下の場合はEN50まで回復。それ以上の場合は残量の50%を回復する。
 また、使用可能回数が明記されている行動は2勝することで1回分回復される。なお、HP、装弾数、枚数は回復しないものとする。
 ただし、相手をKOで倒した場合に限り、最大HPの20%、最大ENの50%、使用可能回数1回分回復するものとする。

第4条補足1
:装弾数の補充を行える武装、必殺技は試合前に行えるものとする。

第4条補足2
:武装が破壊された場合、コンファイン、スチールでキャンセルされた場合は以後使用不可能とする。
 ただし、武装がLOSTされた場合は次戦より使用可能とする。

第4条補足3
:リモートでキャンセルされた行動は以後使用不可とする。

第4条補足4
:試合前には試合放棄を選択し、次の選手のプランを提出することが可能。
 放棄をした場合、相手の勝ち数は加算されるが第4条は適用されない。
 ただし、どちらかが大将の場合の試合放棄は不可。

第4条補足5
:ブレイド勢のENは回復しない。ただし、試合開始前にJ、Q、Kのカードを使用することでENを回復することができる。
 ただし、その場合、そのカードを利用した能力は使用できない。また、それぞれの使用可能回数は回復しない。
 詳細は別表参照

第4条補足6
:試合間でのみ使用可能なアクションは、第4条では回復しない。

第4条補足7
:判定時に前の試合で負ったダメージ量は防御力に関わらず、試合開始時の絶対値が適用される。

第5条
:毒など毎ターン能力を消耗させる攻撃を受けた場合は次戦にも引き継がれる。

第6条
:逆ダブルタイフーンなど回避されたら敗北になる技を使用した場合、勝利時も次の試合では戦えないものとする。

第7条
:大将のみ、相手が大将ではない場合、攻撃力に常時+5%のボーナス補正を受けられるものとする。

第8条
:ブレイド系は相手、もしくは味方チーム内にアンデッドが存在する場合、そのアンデッドを使った特殊能力、必殺技を使用することはできないものとする。
 ただし、そのアンデッドがブレイド系ライダーに敗北した場合、特殊能力、必殺技を次戦より勝利したブレイド系ライダーは使用可能となる。

第8条補足1
:リモートテイピアにより解放されたアンデッドに対応するカテゴリーは以後の試合中に使用することはできない。

第9条
:一部、団体戦用の能力が追加される選手が存在。試合開始前に使用することが可能。
 特に指定がない場合、試合開始前に適用される。ただし、消費したENなどは戦闘前に回復しない。
 また、KO後の使用は不可とする。

団体戦用追加能力
ブレイド系
・カード貸与:カードの貸与を行う。他のブレイド系ライダーの必殺技、特殊能力が使用可能となる。
 同チームにブレイド、ギャレン、カリス、レンゲルのいずれかがいることが条件。詳細は下記参照。
※カード貸与詳細
(1)貸与できるカードはカテゴリー2〜10までとする。
(2)貸与されたカードを貸与したライダーが団体戦中に使うことは不可とする。
(3)貸与される枚数は3枚までとする。
(4)貸与する枚数に制限はないものとする。
(5)カテゴリー6を貸与した場合、マシン技は使用不可になる。
(6)貸与したカードを貸与するのは不可。

第9条補足1
:名乗り、ターンアップ、オープンアップなど1ターン目に自動発動する能力は2試合目からは発動しないものとする。

第9条補足2
:団体戦で一度決めた変身者を変更することは不可。また、同チーム内で同一人物を複数回使用することも不可とする。

戻る