第一回戦勝者予想

第1試合
(ゾルダ的)
一回戦屈指の好カード
能力的には互角か?
多彩な能力やサンバスクがある分RXの方が有利と思われるが
RXの模擬戦成績の悪さが不安をさそう

RX 4:6 リュウガ  

(ベルデ的)
最近調子が出ていないとはいえ、リュウガはKOの山を築いた実績がある。
バイオだと炎の攻撃で燃やし尽くされ、ロボだと確実に当てられ判定勝ち。
強力な一撃を当てないとリュウガに勝つのは難しそうだ。
リュウガ>RX


第2試合
(ゾルダ的)
爆発力があるV3と安定したカイザ
逆ダブルタイフーンは出るのか?
レッドランプパワーとのあわせ技ならば押し切れるが、ないと考えたほうが妥当かもしれない
カイザの方は、4つの必殺技を的確に当てていくことが求められる
数字の読みを間違えると途端に泥仕合に
シビアな判断が要求されるだろう
攻撃面での性能に勝るV3が押し切るか?

カイザ 3:7 V3

(ベルデ的)
スペック上はV3が勝っているように思える。
後はカイザが誰を装着者に持ってくるかだが?
カイザ<V3


第3試合
(ゾルダ的)
試合順が運のツキ
肝心のガイの試合が次のため、メタルゲラス使用不能。王蛇はその性能を大幅に制限される
イライラするんだよとべノサーベルをいかに使いこなすか?
一方のJ、巨大化は不安定な能力だが、その他の能力も破壊力があり、侮れない

王蛇 4:6 J

(ベルデ的)
Jが今回も巨大化をするかが焦点であろう。
ドゥームズディがあればJは巨大化を使うわけにはいかなかったのだが、いまだガイは健在。
攻撃力ならJだが、手数で王蛇は押し切れるか?
だが、Jは以前コブラ男を倒している実績があったりするため、J有利と見ておく。
王蛇<J


第4試合
(ゾルダ的)
ガイのコンファインベントは確かに脅威ではあるが龍騎の多彩な武装には対応しきれない
加えて、パワーにもかけるため、押し切るにも押し切れない
ガイの担当さんには申し訳ないが厳しいだろう

ガイ 1:9 龍騎

(ベルデ的)
1・2ターンが難点とはいえ、ガイが2ターン内に相手を倒すのはほぼ不可能。
サバイブになった直後を狙うか?
キャンセルできないドラグブレードで切り刻まれる可能性高し。
ガイ<龍騎


第5試合
(ゾルダ的)
優勝候補アマゾン出陣、その性能は言うまでもないだろう
迎え撃つG3-Xは射撃系武器がメイン
この点を生かすべき
短期決戦を狙えば勝機はあるか?

G3-X 2:8 アマゾン

(ベルデ的)
近所にスーパー1とストロンガーがいるものの4強の中からただ1人のAブロック。
スペック的にはアマゾンの圧勝だが、G3−Xの粘りが波乱を起こすか?
G3−X<アマゾン


第6試合
(ゾルダ的)
スーパー1はシャドームーンの天敵
詳細は能力欄を確認すべし
虎の子を封じられたシャドームーンがいかに対抗していくかが見所
スーパー1はどうでるか?

スーパー1 7:3 シャドームーン

(ベルデ的)
スーパー1としてはこれ以上ない最高の相手。
だが、正直、数字運に大きな不安がある。
はてさて。。。
スーパー1>シャドームーン


第7試合
(ゾルダ的)
ストロンガーの特殊能力はかなり厄介
ギルスの攻撃力が爆発する3ターン目以降が勝負の分かれ目となるだろう
チャージアップはいつ来るか?

ギルス 5:5 ストロンガー

(ベルデ的)
ギルスは能力をある程度は封じられるものの決定的ではなく、むしろ有利。
ストロンガーはチャージアップのタイミングがかなり重要になってくるだろう。
ギルス>ストロンガー


第8試合
(ゾルダ的)
武装に注目が集まることが多いゾルダだが
本当の強みはその防御力
シザースはどのターンに攻勢に出るかを
読む力が要求される

シザース 3:7 ゾルダ

(ベルデ的)
今まで数多くの大判狂わせを起こしてきたシザースだが、今のスペックではゾルダと戦うのはつらい。
絶対と思われるゾルダの勝利プランにシザースは穴を開けられるか?
シザース<ゾルダ


第9試合
(ゾルダ的)
きわめて厄介な能力を持つベルデ
対するデルタ、いくつかの能力の中でも、まずコピーベント対策が必要となるだろう
その他、強力な武装にどう対応するかが勝負の分かれ目になる
予断だが、デルタが勝つためにはある人物を装着者に選ぶ必要があると筆者は考えている

ベルデ 7:3 デルタ

(ベルデ的)
フフッ
ベルデ>デルタ


第10試合
(ゾルダ的)
一回戦注目の夢の対戦カード
必殺技のバリエーションに違いはあるが、スペックだけを見る限りでは正直予想しづらい
蓋を開けるまでどうなるか分からないがこの際、難しいことは考えずにこの夢の対決を楽しむべきだろう

2号 5:5 1号

(ベルデ的)
スペック上は互角。力の2号か?技の1号か?
半分投げた予想だが、担当者の今までの実績から2号か?
2号>1号


第11試合
(ゾルダ的)
両者の戦闘スタイルから猛烈な打ち合いが予想される
両者、短期決戦を狙ってくるのではないだろうか?
威力に若干勝るXが有利か?

シン 4:6 X

(ベルデ的)
どうしても単調な攻撃になってしまうシンに対しては戦略に幅のあるXが有利に思える。
だが、単調さが有利に進む可能性も捨てきれない。
シン>X


第12試合
(ゾルダ的)
回避率上昇が可能なスカイが優位に立っている…
と、当初は考えたのだがスカイは必殺技の燃費が極めて悪い
使用する必殺技をほとんど当てないことにはKOは難しいだろう
ただし、ZOはこの試合、必殺技の少なさがネックになってくる
判定にまでもつれ込むか?

スカイ 6:4 ZO

(ベルデ的)
技の少ないZOには厳しい相手であろう。ZOはいかに3つの技を当てるか?
スカイはセイリングジャンプをZOキックに合わせられるかが焦点。
的確な戦略が勝負を決めそうである。
スカイ>ZO


第13試合
(ゾルダ的)
各種特殊能力によって驚異的な回避率を誇るZX
対するアギトはフォームチェンジによる多彩な戦略を誇るが真価を発揮するには縛りが多く、読みやすい
アギトは命中率の低さがネックだが…
正直アギトにとっては厳しい
一発逆転の可能性は残されているが…

アギト 2:8 ZX

(ベルデ的)
アギトには回避率補正を無効に出来るフレイムフォームがあるがそれはZXも充分に熟知して攻撃してくるだろう。
だが意外と攻撃力に乏しいZXに一発逆転の大ダメージを与えられば勝利は一気にアギトのものだ。
アギト>ZX


第14試合
(ゾルダ的)
正直予想しづらい
双方ともかなり回避率を上げてくることが予想されるが…
ライダーマンの多彩な武装がどれだけサイガを捕らえるか?
サイガは一部を除けば特に意識すべきことは無いかと思われるが…

ライダーマン 4:6 サイガ

(ベルデ的)
勝利の鍵は両者ともフライングアタッカーの扱い方にある。
ライダーマンはフライングアタッカーをいつの時点で無力化できるか?
サイガはフライングアタッカーをどの程度使用するか?
意外と純粋な殴り合いになるかもしれない。
ライダーマン>サイガ


第15試合
(ゾルダ的)
優勝候補オーディン登場
G4は切り札ギガントを当てればかなり有利ではあるがオーディンには特殊能力による驚異的な回避率を持つ
だが、G4の読みがあたれば一気に勝利を手元に引き寄せることができる
実際にはシビアな試合なのかもしれない
だがやはりパーセンテージ的には…

オーディン 7:3 G4

(ベルデ的)
相性、スペックから考えても十中八、九オーディンの勝利。
G4が勝つためにはほぼ一発勝負しかないだろう。
だが、要所要所でその一発を決めてきたG4を決して侮ってはならない。
オーディン>G4


第16試合
(ゾルダ的)
一回戦最大の死闘が演じられる注目試合
ファイズの猛攻がクウガの
フォームチェンジを崩すことができるか?
クウガのフォーム選択はどうなるか?
試合を左右する要素が多く
きわめて不安定な試合といわざるを得ない

ファイズ 5:5 クウガ

(ベルデ的)
事実上の決勝戦といってもおかしくない一回戦最後にして最大の戦い。
注目は後半戦。アルティメットの存在を両者どう扱うのか?
ファイズ<クウガ


(注意!!)これらの予想はあくまで独断と偏見です。


戻る